HOME » 歯科矯正の種類と特徴 » 歯列矯正   

歯列矯正   

歯列矯正とは?

歯列矯正とは、ワイヤーやマウスピースなどの専用器具を使い、歯並びや歯のがたつきを直す治療のこと。 大人では2年(1年前後する可能性もあり)程度が治療期間の目安であり、子どもの場合はさらに短い期間で治療を終えることができます。子どもが矯正治療を受けると、アゴの骨の形成や呼吸、発声などが矯正治療によってスムーズになります。

大人の矯正治療は、余分な歯を抜くなどしてスペースをつくり、そこに他の歯を移動させて歯並びをすっきりと整えるといった治療法が主流です。しかし最近では、大事な歯を抜かずに歯並びを揃える「抜かない矯正治療」が人気を集めています。 歯列矯正は噛み合わせに支障がある方だけでなく、歯の見た目を美しくしたい(審美)目的でも行われています。歯のホワイトニングなどと併せて治療を受けることもできますし、審美だけを目的に矯正治療に通うこともできます。

いずれにしても、歯列矯正は子どもだけでなく大人になってからでも治療は可能です。歯が前後していたり、噛み合わせがうまくいかない、あるいは歯の数が多いといった人それぞれの悩みに対しても、矯正の専門医が最適な治療法を考え、治療を進めますので安心ですね。

ワイヤー以外の装置を使った矯正方法

矯正に使われる装置というと、ブラケットのような金属や、簡単に取り外しができないワイヤーを想像するものです。しかし場合によっては、それぞれの患者さんの口腔内のサイズに合わせたマウスピースを使った矯正治療方法もあります。 マウスピースの場合、矯正治療中はしっかりと取り付けておかなければなりませんが、歯磨きの時や歯科医院でのメンテナンス時にはすぐに取り外しができるので、ワイヤーブラケットに比べて扱いやすいメリットがあります。

「ギラギラした矯正器具が苦手」という方は、マウスピースを使った治療を行っている歯科医院をあたってみるのも一つの方法かもしれませんね。 また最近では、歯の裏側にワイヤーブラケットを通す「裏側矯正」なども行われています。こちらは通常の矯正治療器具を用いますが、歯の裏で行う処置ということで、外からは矯正中であることが分かりにくくなっています。審美目的や、矯正器具を目立たせたくないといった場合におすすめの方法です。 矯正治療は日々進化しており、医師の手腕や技術によっては最新の治療を受けることが可能です。

従来の矯正治療ではなく、一人一人のニーズや悩みに合わせた治療法も確立されてきていますので、専門知識と専用の設備を揃えた矯正歯科医院を探すようにしたいところです。

部分的な歯列矯正も可能

人によっては、歯の一部(前歯だけ、あるいは奥歯だけ)を矯正したいが、その他は特に問題ないといった場合があります。そのような方には、部分矯正と呼ばれる治療がおすすめです。 部分矯正は、一般的な矯正治療と同じようにワイヤーを使って部分的に歯並びを整えられるほか、セラミックなどの素材を使って安全かつ負担なく歯並びを整えることができます。大がかりな矯正治療に抵抗がある方にも、部分矯正はたいへんおすすめです。

「以前口の中全体の矯正治療を行ったけれど、部分的にズレが生じてしまった・・・」といった場合にも、ズレた部分への矯正がたいへん効果的ですので、こちらも併せて検討してみてください。