HOME » 歯科矯正の種類と特徴 » 部分矯正

部分矯正

矯正歯科で行われている部分矯正とはどんな治療か、向いているタイプ、メリット、デメリット、治療法の種類などまとめました。

気になる歯を手軽に!ただし注意が必要な部分矯正とは

前歯のすきっ歯だけ治したい、出っ歯がちょっと気になる…そんな人におすすめなのが、部分矯正です。部分矯正では、ブラケットやインプラントなどの装置を歯の気になる箇所に入れることで、部分的に歯並びをキレイにすることができます。

全体的な矯正と比べると、費用が安く、治療期間も3ヶ月~1年ほどで済むのですが、重度のデコボコやガタガタの歯並びを治したい場合や、咬み合わせを改善するには向きません。

ピンポイントな見た目の良さは手に入るかもしれませんが、根本的な咬み合わせの改善はできません。さらに、動かした歯が元に戻りやすかったり、他の歯の不調につながったりするので、しっかりとしたカウンセリングと説明を受けてから治療を始めましょう。

こんな人におすすめ!

  • 前歯のちょっとした傾きやデコボコを治したい
  • 軽度のすきっ歯・出っ歯を改善したい
  • 歯並びの一ヶ所が気になる
  • より安い費用で口元をキレイに見せたい など

部分矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 気になる部分だけを治すことができる
  • 短期間で一部の歯並びがキレイになる
  • 全体的な矯正より費用が安い(約3分の1ほど)

デメリット

  • 治療は軽度の症状のみに限定される
  • 噛み合わせや全体的な歯並びは改善できない
  • 重度の出っ歯やすきっ歯、八重歯にも向かない
  • 症状によっては治療後に後戻りしやすい

治療の種類

部分矯正は、治したい箇所や程度によって治療内容が変わってきます。基本的には、ワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正のいずれの治療でも部分矯正が可能。以下に人気の高い2つの治療法をご紹介しておきます。

部分矯正(ワイヤー矯正)

  • 費用の目安:30~60万円 ※上下前歯12本に装着した場合

唇側矯正による部分的な治療方法。部分矯正では上下12本の前歯に装置を付けることが多く、治療は約半年~1年ほどで完了する。費用は全体的な矯正の3分の1ほど。

クイック矯正・プチ矯正

  • 費用の目安:50~80万円 ※上下いずれか6本に装着した場合

実際には歯を動かさずに、ラミネートベニアなどの人工歯を使って歯並びを美しく整える方法。2週間ほどで完了するので、短期間で一部の歯の形や位置を変えたい人、同時に歯を白くしたい人などから人気。