HOME » 歯科矯正の種類と特徴 » マウスピース矯正

マウスピース矯正

女性や接客業の方からも人気が高いマウスピース矯正の特徴をまとめました。向いている人、メリット、デメリット、装着時間、費用の目安など。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正では、ワイヤーやブラケットなどの従来の矯正装置を一切使わずに、理想の歯並びをつくることができます。最初に自分の口に合ったマウスピースを作成し、1日10~20時間ほど装着しながら、定期的に新しいマウスピースに代えることで少しづつ歯を移動させていきます。

装置が透明で目立たないうえに、取り外しができて衛生的、ワイヤー矯正より痛みが少ないことなどからも、女性を中心に人気の矯正法です。基本的には軽度の症状にしか行えませんが、最近では、ほとんどの症例に対応したマウスピース矯正を行う専門クリニックもあるようです。

こんな人におすすめ!

  • ワイヤー装置を付けるのに抵抗がある
  • より手軽に全体的な矯正がしたい
  • 周りにあまり気付かれたくない
  • 矯正中に虫歯にならないか心配
  • 矯正中の痛みを抑えたい
  • 金属アレルギーの人 など

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 透明なので外から目立たない
  • 歯磨きや食事の際に取り外しができて衛生的
  • 歯の移動がゆるやかで痛みが少ない
  • 虫歯になりにくく、万が一できても治療が可能
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 矯正と同時にホワイトニングもできる

デメリット

  • 比較的、軽度のデコボコ歯列にしか向かない
  • 装着を忘れたり、装着時間が短いと効果がない
  • マウスピースの取り外しの手間が必要
  • 食事のたびに外すため、なくしたり、置き忘れるケースも多い

マウスピース矯正の種類

マウスピースは大抵が透明なので、見た目は同じに見えますが、メーカーによって装着時間や交換頻度は変わってきます。中でも、代表的なマウスピースがこちらです。

インビザライン

  • 費用の目安:80~110万円

幅広い症例に対応した、世界中で使用される定番のマウスピース装置。1日の装着時間は20時間以上。初回に一括で装置を作り、10日~2週間おきに交換する。

クリアアライナー

  • 費用の目安:30~60万円

日本人の口に合わせて作られた、日本製のマウスピース。1日の装着時間は17時間以上。2週間ごとの交換の際は、毎回歯型をとって装置を作る必要がある。

DENマウスピース

  • 費用の目安:クリニックや症状によりけり

寝ている間に矯正ができることで話題の国産マウスピース。装着時間は1日8時間と短いものの、治療期間はその分長くなる。2週間ごとの歯形とり・装置の交換が必要。