HOME » 歯科矯正の種類と特徴 » 【番外編】子どもの矯正

【番外編】子どもの矯正

番外編として、子どもの矯正についてもまとめました。子どもに矯正が必要な理由とは?小児矯正の特徴、メリット、治療期間など解説。

小児矯正の特徴と歯並びによる影響

矯正クリニックに行くと、歯並びはなるべく早いうちに改善するのが良いとよく言われますよね。とくに小学生以下の子供では、歯やあごの骨が成長段階のため、より自然にコントロールができて、短期間で見た目にも美しい矯正ができます。

出っ歯や受け口なども、幼い頃に骨格のズレを正しておけば、大人になってから骨格的な問題に悩まされることはなくなります。

子供のうちに歯並びが悪いのを放っておくと、虫歯や歯周病、顎関節症などにかかりやすくなったり、将来的に歯の寿命が短くなる可能性があります。

噛み合わせが悪い子の場合、口呼吸や舌の位置が不自然になる悪いクセが付きやすく、そのせいで大人になってから肩凝りや頭痛、全身に歪みが出ることも…。

こういった子供の頃からのクセや症状は、大人になってから治すのは大変です。もし、お子さんの歯並びが良くないのであれば、なるべく早いうちに一度、矯正医に相談するのがおすすめです。

小児矯正の治療方法と期間

子供の矯正治療では、適切な時期を見極めることも大切になってきます。大人の矯正とは違って、歯や骨の成長段階に合わせて治療を行うので、ママやパパは、お子さんに適した時期の目安を知っておくと良いでしょう。

第一期治療

  • 6~9歳:歯が生えそろう環境を整える

最初の矯正治療は、まだ乳歯がある小学校入学前後に行うのが理想です。この時期に顎の骨を広げながら、噛み合わせを整えることで、永久歯が正しく生える環境をつくります。受け口などは、寝ている間に付けるマウスピース「ムーシールド」を使って、3ヶ月で症状が改善したケースもあります。

第二期治療

  • 小学校高学年~高校生まで:本格的な矯正治療を開始

矯正装置を使って、本格的な歯を動かす治療に入るのがこの時期。完全に永久歯がそろった状態から、大人と同じワイヤー装置による矯正をはじめます。上あごを広げる装置、前歯のねじれを取るブラケットなど、症状によって使う器具はさまざま。子供はまだ成長期なので、第一期を逃した場合でも問題なく始められます。

保定期間

  • 矯正で整った歯並びを安定させる

ワイヤー矯正が終了したあとは、戻りを防ぐためにリテーナーという装置を1~2年半ほど使って歯並びを安定させます。リテーナーは、マウスピースと似たような形の自分で着脱するタイプのもの。決められた期間頑張って使えば、大人になってからもキレイな歯並びを維持できますよ。

小児矯正のメリット・デメリット

子どもの歯は大人と違って矯正がしやすいため、永久歯に生え替わった時点で早期に矯正治療を施した方が良いという意見があります。

ここでは、小児矯正に関するメリットとデメリットについて、詳しく見ていきたいと思います。

小児矯正のメリット

1、あごの骨のバランスが整えられる

矯正治療は口腔内の歯のバランスを整える治療ですが、若いうちにこの治療を行うと、あごの骨の正常な発達や成長をサポートすることができます。

その人特有の歯並びやクセを直しながら、あごや顔全体の成長バランスを整え、美しい顔立ちを形成します。顎関節症など、大人になってから出てくるあごの骨のトラブルも未然に防ぐことが可能です。

また、歯並びを改善することで噛み合わせが原因となる歯の一部分のすり減りや部分的な負担(顔の片側だけでものを噛むクセなど)を改善することもできます。

2、永久歯の生えるスペースを確保できる

成長期である子どものうちに矯正治療を行うことで、永久歯が生えてくるスペースをつくりだすことができます。

先天的に永久歯の生えるスペースが不足しているような方は、歯を前の方に移動させることによって、永久歯が生えてくる余地をつくりだします。

3、発音や発声がしやすくなる

口の中全体のバランスを整え、正しい歯の位置を獲得することによって、発音や発声などがしやすくなります。

舌ったらずな喋り方や発音の乱れなどを改善し、さらに口の中の筋肉や舌の動かし方も正常化するため、より正しい発音・発声が身に付きます。

4、矯正期間が短い

大人の矯正に比べ、子どもの矯正は期間が短くて済むという特徴があります。成長期であり、自由自在に口の中のバランスをコントロールできるので、あごの骨や永久歯など、大人になってからでは難しい部分についてもしっかりと治療を施すことができます。

5、見た目が良くなり悩みが解消される

笑った時に歯並びが乱れていると、お子さんによってはコンプレックスを感じたり、なかなか笑顔になれないといった問題を抱えることもあります。

そのため、早期目立つ部分の歯並びを治しておくことで、人からからかわれたり、笑顔になれない悩みを未然に防ぐことができます。

歯並びが良くなれば自然とやさしい笑顔が身に付くため、人前に出る際に恥ずかしくない、あるいは写真や映像の撮影が苦にならなくなるなど、さまざまなメリットが期待できます。

小児矯正のデメリット

1、矯正機関が長引く場合がある

子どもの矯正治療は早いタイミングに越したことはないというわけではなく、あごの骨の成長が終わり、歯が永久歯に生え替わるまでは待たなければなりません。

年齢にすると約15歳前後までは経過観察の必要があり、それ以前に矯正治療をはじめてしまうと、治療期間が長引くおそれがあります。

2、矯正器具の取り付けによる見た目の問題

矯正期間中はブラケットの装着などによって一時的に見た目が悪くなることがあります。ただし裏側矯正や部分矯正などで、周囲に分からないように矯正治療を施すことも可能です。

3、再矯正になる場合がある

小児矯正を行っても、あごや口腔内の成長の状況によっては、別途治療が必要となるケースがあります。

受け口やあごの骨に関するトラブルなど、大人になって外科手術が必要になったり、手術を行ったために再度矯正治療が必要になる場合もあります。

4、口腔ケアの問題

矯正治療には、ワイヤーなどの矯正器具に食べものが挟まり、そこから虫歯になりやすいというリスクがあります。

お子さんが矯正を行う場合、基本的に口腔内のケアは本人が意識的に行う必要がありますが、歯磨きを忘れたり磨き残しが出たりすると、虫歯や

歯周病になってしまうおそれがあります。