HOME » 歯科矯正の種類と特徴 » 裏側矯正

裏側矯正

バレない矯正法としてここ近年で絶大な人気を集める裏側矯正について、治療の特徴、メリット、デメリット、費用の目安などお伝えしています。

裏側矯正とは

裏側矯正とは、舌側矯正とも呼ばれていて、その名の通り、歯の裏側に装置を付けて行う矯正方法です。メリットは、何といっても、周りに気付かれずに矯正ができること!歯の表面に装置を付ける一般的な唇側矯正とは違って、外からは装置を付けていることがほとんど分からないため、仕事や結婚式などのイベントも気にすることなく、周りにはいち早くキレイな歯並びを披露できます。

また、装置を付ける向きから出っ歯の改善に向いていたり、歯への負担が少ない、虫歯にかかりにくいなど、矯正法としても裏側矯正はさまざまな優れた面を持っています。

こんな人におすすめ!

  • 周りに気付かれずに矯正したい
  • 矯正中も口元をキレイに見せたい
  • 接客や芸能関係など、仕事柄、装置が目立つと困る
  • 出っ歯を改善したい
  • 結婚式などのイベントを控えている
  • 矯正中にホワイトニングもしたい など

裏側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 装置を付けていても目立たない
  • 矯正中に虫歯になりにくい
  • 歯の表面のダメージが少ない
  • 唇側矯正より前歯が引っ込みやすくなる
  • 舌癖を防止できるため、後戻りのリスクが減る
  • 矯正とホワイトニングが同時にできる

デメリット

  • 一般的な矯正装置に比べて費用が高い(唇側矯正の相場が70万円に対して、裏側矯正では120万円ほど)
  • 慣れるまでは口内に違和感を感じやすい
  • サ行、タ行、ラ行などの発音がしにくくなる場合がある
  • 症状によっては矯正期間が長くなる

裏側矯正の種類

裏側矯正では、最初に歯形をとってからオーダーメイドの装置を作っていきます。医師の高度な技術が必要になるため、クリニック選びはより慎重に行うのがおすすめ。治療にはいくつか種類があるので、ここでは代表的な矯正法と費用の目安をご紹介しておきます。

リンガルブラケット

  • 費用の目安:120万円前後

上下全体の歯の裏側に装置を付けて行う矯正法。

ハーフリンガル

  • 費用の目安:100万円前後

上下どちらか一方の歯の裏側に装置を付ける方法。装置が目立つ上あごは裏側で、下は歯の表側に透明なブラケットを付けることも多い。

インプラント矯正

  • 費用の目安:1本3~8万円ほど

奥歯に付ける固定装置の代わりに、より小さなスクリューを歯茎に埋め込むことで、矯正中の負担を軽減する治療法。(発音がしやすくなる、治療期間が短く済むなど)唇側矯正の他、クリニックによっては裏側矯正にも対応。

裏側矯正の基礎知識

裏側矯正は痛みある?

裏側矯正は、ほかの矯正方法と同じように、歯が動く時にじわじわ締め付けられるような痛みを感じることがあります。しっかり矯正されている証でもありますし、我慢できないほど強い痛みではなくなんとなく痛痒いような感じを体験する人が多いようです。また、これまで何もなかったところに金属のブラケットやワイヤーなどを取り付けるわけですから、慣れるまでは違和感は消えないでしょう。

特に、歯は振動などを痛みとして感じやすいので、ブラケットに歯ブラシが当たった時の衝撃や食べ物を噛んだ時に痛みを感じることもあります。これも慣れてくるとほとんど気にならなくなるでしょう。 ほかにも歯の裏側に取り付ける矯正器具を舌で触ってしまって、舌に痛みを感じることもあるかもしれませんが、慣れてくると舌の位置も定着してきます。鋭利なものではなく安全ですので、舌で触ったからと言って切ってしまう心配はありません。

裏側矯正で痛みを感じることもありますが、いずれも付け始めの最初の頃だけで、自然と気にならなくなると言えます。痛みが気になる人は歯科医に相談して痛み止めを出してもらったり、専用の歯ブラシなどでなるべく痛みを与えずにケアできます。ケアできずにいると、矯正している部分に汚れが溜まりやすくなって虫歯が進行してしまう危険性もあります。

裏側矯正できない場合とは?

歯列矯正と言えば、歯の表側に器具を取り付けるワイヤー矯正がもっとも広く用いられており、どんな歯列の人でも矯正することができると言われています。裏側矯正は、このワイヤー矯正を歯の裏側に着けることで目立たなくさせる狙いがあり、矯正させる仕組みや種類はワイヤー矯正とほとんど変わりません。そのため、歯列によって裏側矯正ができないという人は基本的にはいません。

ただ、歯の裏側に着ける施術方法なので、技術や経験が伴わない歯科医などでは、裏側矯正を断られることがあるようです。裏側矯正の症例が少ない医院や、経験の少ない歯科医に任せるのは不安ですし、そういったところで無理に施術をするとうまくいかない可能性もあります。もしほかの歯科医で断られた場合には、「どんな人でも裏側矯正は可能」と銘打っている信頼できる歯科医院を選ぶようにしましょう。ホームページなどをよく見て、裏側矯正の症例が多いところを探し、「ほかのクリニックで断られた」という旨を話して相談してみてください。

裏側矯正は上だけでも大丈夫?

歯列矯正をする人は、基本的に上下とも行う場合が多いですが、特に気になる歯並びが上だけ下だけの場合は片側だけの歯の矯正も可能です。片側だけの矯正ならば、上下とも矯正する場合よりも費用が半額ほどになりますので、経済的負担も減らせます。ただ、矯正をする上では上下の歯のかみ合わせも重要になりますので、やはり上下とも同時に矯正することが推奨されています。

また、歯の表側に矯正器具があると特に目立ちやすい上側の歯は裏側矯正にし、比較的目立ちにくい下側の歯は表側の矯正にする、と言うように使い分けることもできます。このように、上の歯だけ裏側矯正にして下の歯は表側で矯正することを「ハーフリンガル」といい、上下とも裏側矯正にすることを「フルリンガル」といいます。上下とも裏側のフルリンガルでは、費用が100万円以上かかることが多いのであきらめてしまう人もいるかもしれませんが、ハーフリンガルなら安いところなら80万円程度で施術を受けることもでき、表側の矯正と裏側矯正の間くらいの相場になります。上の歯の矯正が見えないだけでも、人目はほとんど気にならなくなりますので、ぜひ検討してみてください。