HOME » 歯科矯正の種類と特徴

歯科矯正の種類と特徴

矯正歯科で受けられる治療方法を種類ごとにまとめました。

歯科矯正の治療方法を個別リサーチ

一口に歯科矯正と言っても、受けられる治療方法はさまざまあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを理解したうえで担当医師に相談し、治療を進めてください。

ここでは、治療法を大きく4つに分けて、それぞれ紹介しています。

裏側矯正

舌側矯正とも呼ばれる「見えない矯正」の代表格。「インコグニト」や「クリッピーL」、「HARMONY」など、装置のメーカー名で呼ばれることもあります。

最大の特徴は「イー」としても矯正装置が見えないこと。あの銀色の装置が人から見られないというだけで、矯正治療に対するハードルが下がった気がします。

ホワイトニングと並行して治療出来たり、後戻りや虫歯が起きにくかったりとメリットがたくさんあります。

一方、デメリットの大きな物としては、表側矯正に比べて費用が割高なこと。ですが、ほとんどのクリニックで分割払いやクレジット決済ができるので、気になる人は相談してみてはいかがですか?

詳しくはこちら

部分矯正

すきっ歯や軽度の八重歯など、気になる部分だけ、歯並びを治す方法です。治したい歯だけに装置を着けるので費用が割安になり、さらに治療期間も短いケースがほとんど。

こう見ると気軽に歯並びを治せるように思いますが、対応できるのは「ちょっとズレている」程度の歯並びまで。歯が飛び出していたり、引っ込んでいたりする場合は、全体矯正の方が結果的に美しい歯並びになりますよ。

詳しくはこちら

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットなど従来の矯正装置を使わず、食事や歯磨きの際には取り外せる矯正方法です。裏側矯正同様に、「インビザライン」や「クリアアライナー」、「アソアライナー」など、メーカー名でも呼ばれます。

「見えない矯正」のもう一つの代表格で、審美性を求める人や、金属アレルギーで装置を着けられない人からの需要が高い方法です。

あまりに歯並びがデコボコしていたり、顎の骨自体がズレていたりすると対応できないので、治療を始める前に担当医師に確認しましょう。

詳しくはこちら

【番外編】子どもの矯正

骨に埋まっている歯を動かすわけですから、なるべく早いうちに治療をスタートするのがベター。とは言っても、歯が生えないと歯並びが綺麗なのかどうかは分かりませんから、治療は乳歯が生え揃ってから始めましょう。

基本的には永久歯への生え変わりを待ってから、本格的な治療がスタートします。

ひとつ、注意したい点として、乳歯の歯並びが一生続くわけでは無いことです。

永久歯に生え変わるタイミングで受け口が治った例もあるので、生え変わりまでは虫歯にならないように気を付けて、経過観察をしてもらう程度に抑えておきましょう。

詳しくはこちら