HOME » 【悩み別】矯正歯科の治療法 » 下顎前突・上顎前突

下顎前突・上顎前突

下顎前突や上顎前突と呼ばれるのが、出っ歯や受け口などの症状。主なタイプや知っておきたいデメリット、矯正歯科での治療方法をお伝えしています。

矯正でも改善できる出っ歯や受け口の主なタイプ

噛み合わせが悪かったり、見た目の悪さがとくに気になる場合、生まれつきのあごの骨が原因になっている場合もあります。どんなタイプがあるか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

下顎前突

いわゆる受け口と呼ばれるのが、このタイプです。生まれつき下顎が前に出ているせいで、口を閉じても上下の歯が噛み合わないのが特徴。とくに前歯で物をかみきることができず、咀嚼に普通の人の何倍も力を使っていたり、サ行やタ行の発音に障害が出ることもあります。見た目的にも、受け口特有のしゃくれ顔になってしまうので、本来の自分の顔の美しさを損ねてしまっている可能性があります。

上顎前突

上顎が前に出ているタイプで、上の歯が前に傾斜している出っ歯や、口を閉じた時に梅干しのように下顎の筋肉が収縮する人が当てはまります。生まれつきの他には、幼い頃の指しゃぶりが原因の場合も多いようです。

デメリットは、下顎前突と同じように咀嚼がうまくできない、口腔の衛生が保ちにくい、見た目が悪いなど。とくに出っ歯の人は、口が閉じづらいせいで口呼吸になっていることも多く、その場合、歯周病や胃腸障害、肩こりなどの健康にも害を及ぼすことがあります。

治療方法

見た目の悪さからも悩む人が多い上下顎前突ですが、整形手術をしなくても歯の矯正治療で改善することができます。

主な治療方法は、

  • 唇側矯正
  • 舌側矯正
  • インビザライン
  • クリアアライナー

など。これらの矯正治療を組み合わせることで、歯列ごと下顎や上顎の位置を動かして、正しい噛み合わせを作るのが目的です。骨を動かすことが必要になってくるため、他の矯正治療と比べると、治療期間はやや長く、より矯正力の高い唇側矯正が理想とも言われています。

ただし、症状の程度が低かったり、矯正中の見た目が気になる際などは、舌側矯正でも出っ歯や受け口が改善した症例はたくさんあります。費用は表側矯正の場合で70万円ほど、裏側矯正では120万円前後を目安にみておくと良いでしょう。