HOME » 【悩み別】矯正歯科の治療法 » 開咬・過蓋咬合

開咬・過蓋咬合

口腔内のトラブルの一つである開咬や過蓋咬合とは何か、主な症状、原因、矯正による治療方法をまとめました。

開咬・過蓋咬合の症状と原因

ガタガタの歯並びや、あごの骨の問題の他に、より噛み合わせの悪さが目立つのが開咬、過蓋咬合と呼ばれる症状です。それぞれの主な症状と原因をご紹介します。

開咬

オープンバイトとも呼ばれる開咬(かいこう)は、口を閉じても上下の歯が噛み合わずにすき間がある状態をいいます。前歯で物を噛むことができないので、奥歯の負担が大きく、将来的に歯の寿命が短くなってしまうのが心配なところ。奥歯を噛みしめる癖のせいで、サ行やラ行の発音が上手くできない、言葉が聞き取りづらいなどの症状も伴います。原因は、遺伝的なものの他、指しゃぶりや舌を唇から突き出すなどの子供の頃の癖や、口呼吸も関係しているようです。

過蓋咬合

開咬とは反対に、前歯が必要以上に深く噛み合っているのが過蓋咬合(かがいこうこう)です。出っ歯とも症状は似ていますが、過蓋咬合は、上の歯で下の歯が隠れてしまうほどの極端な噛み合わせの悪さが特徴。開咬と同じように、咀嚼に負担がかかったり、下あごの動きが悪いせいで顎関節症になることもあります。とくに女性は、笑った時に上あごの歯ぐきが見えることを気にする方も多いようですね。

原因は、早い時期に乳歯をなくしたり、虫歯で奥歯がないままになっている、顔の骨格の不調和などが考えられます。

治療方法

開咬や過蓋咬合を改善するには、

  • 唇側矯正
  • 舌側矯正
  • インプラント矯正
  • インビザライン
  • クリアアライナー

などの矯正法があります。治療方法には、抜糸をして歯が動くスペースを確保して行う場合、抜糸をせずに矯正する場合、症状がひどくなるとアゴの骨を切断する外科手術を行う場合などもあります。

一般的な矯正方法では、奥歯に大きな装置を入れることで発音がしづらくなることがありますが、インプラント矯正なら、装置が小さく、発音が苦手な開咬の人にはとくにおすすめです。

治療期間は、いずれの場合も2~3年ほど。開咬や過蓋咬合は、矯正治療の中でもとくに難しい治療なので、実績のあるクリニックを選ぶことも大切ですよ。