HOME » 歯列矯正のよくある質問 » 矯正歯科の選び方はどうすればいいの?

矯正歯科の選び方はどうすればいいの?

数ある矯正歯科の中で、自分にあった歯科はどのように選べばよいでしょうか?ポイントをご紹介いたします。

認定医や専門医であるかどうか

矯正歯科の選び方としてもっとも重視したいのは、「日本矯正歯科学会」の認定医であるかどうかです。 もちろん認定医以外でも、歯科医師であれば矯正治療を行うことはできますが、日本矯正歯科学会の認定医ならば、矯正治療に必要な知識と経験があると判断できるため、安心して治療をお任せすることができます。

認定医よりさらに上位の「専門医」「指導医」の先生もいらっしゃいますので、歯や骨などに不安がある方や、口腔内の治療に不安がある場合は、上位のエキスパートをあたるという方法もあります。 専門医や指導医になるには、厳しい審査をクリアしなければなりません。日本矯正歯科学会のホームページ上で認定医以上の名簿が公開されていますので、そちらを検索してみてください。

また、矯正器具を歯の裏側に取り付ける「裏側矯正」を受ける場合は、さらに高い専門性が必要ということで、「日本舌側歯科学会」や「世界舌側歯科学会」などの認定がされている先生をあたると安心です。

精密検査に必要なレントゲンを設置しているか

口腔内の精密検査においては、セファロレントゲンもしくはCTと呼ばれる機器が最低限必要となります。 というのも、普通の歯科治療とは違って、口腔内の隅々まで精密にチェックし、正しく治療計画を組み立てていくために、高度なレベルのレントゲンが必要不可欠となるためです。

一般的な歯科医院には、歯を正面から撮影する「パノラマレントゲン」しか置いていない場合が多いのですが、セファロレントゲンもしくはCTを置いているところであれば、横から、あるいは3次元的に撮影ができるため、詳細に口の中の状態を確認することができます。

希望をきちんと聞いてくれる

治療期間をできるだけ短くしたい、歯の裏側に器具を取り付けたい・・・など、矯正治療には患者さんそれぞれの希望というものが必ず存在します。できるだけ目立たないような器具を使ってほしいという要望も多くみられます。

矯正治療は長期的に付き合わなければならない治療です。あらかじめ要望をいろいろと出しておき、可能な限りリクエストを聞き入れてくれる先生や病院を選ぶことが、その後の満足度や仕上がりに影響します。

矯正方法には複数の種類があり、先生によって治療方針や得意分野が異なります。そのため、希望を100%聞き入れてもらえるかどうかはそれぞれの医師にもよります。いくつかの病院を回り、それぞれから治療について説明を聞いてみて、納得のできるところを選ぶと良いでしょう。

トータルコストを算出してもらって決める

上記でも述べたとおり、矯正治療には医院によって方法や期間が異なります。そのため、一回の矯正にどれだけの期間と治療費がかかるかは病院によって変わります。

矯正治療はコストも時間もかかりますので、できれば安く済む病院にかかりたいところですが、まずはそれぞれの医院で説明を聞き、トータルコストを算出してもらってから決めるようにすると安心です。