HOME » 歯列矯正のよくある質問 » 歯並びが悪いとどうなる?

歯並びが悪いとどうなる?

歯並びが悪いとどんな影響があるのか、歯列がもたらす健康や生活への影響、歯列矯正をすることでのメリットをまとめました。

歯並びの悪さがさまざまな害を及ぼす?~歯列矯正のメリットとは

デコボコの歯並びや出っ歯や受け口は、見た目だけでなく、健康や生活にも次のような影響を与えると言われています。

歯や口内への影響

  • プラーク(歯垢)が溜まりやすく不衛生
  • 虫歯や歯周病にかかりやすい
  • 口臭が出やすい
  • 顎関節症になりやすい
  • ドライマウスになりやすい
  • 将来的に抜歯や歯の寿命が短くなる可能性がある

体への影響

  • 口呼吸になりやすい
  • 舌の位置が不自然になる悪いクセが付く
  • しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる
  • 肩凝りや頭痛が出やすい
  • 体が歪みやすい
  • 脳の血流が悪くなり、知能や運動機能の発達に影響が出る

生活への影響

  • 歯磨きに時間がかかる
  • 咀しゃくが上手くできない
  • 発音しづらい、言葉が聞き取りにくい
  • 周りに不衛生な印象を与える
  • 笑顔に自信が持てず、心がネガティブになる

歯並びが悪いだけで、歯や体の健康を損ねたり、心にも悪影響を与えてしまうことがあります。歯の矯正には、たくさんの時間や経済的な負担もかかるものですが、それでも多くの人が治すには理由があるんですね。

見た目の問題では、八重歯がある人は上唇が張っていたり、その他にも、しゃくれ顔、口角が下がりやすいなど、本来の顔のパーツの魅力を半減させている可能性もあります。

健康や美容、生活にもうれしい変化が!歯科矯正のメリット

これらのさまざまな悪影響を防ぐには、歯列矯正をして歯並びを改善するのが一番の方法です。歯の矯正をすると、こんなメリットがあります。

虫歯や歯周病になりにくく、歯が丈夫になる

矯正をして最初に感動するのが、歯磨きが驚く程やりやすくなること。まっすぐに歯ブラシを動かすだけで歯垢がキレイに取れるようになり、虫歯や歯周病の予防にもつながります。将来的にも自分の歯を末永く使うことができるでしょう。

口内の不快なトラブルが改善する

現代人に多いドライマウスや口臭、顎関節症、口呼吸なども、歯列矯正で骨格や咀しゃくの問題が改善することで簡単に治ることがあります。

食べ物がおいしく感じる

前歯や奥歯も使ってしっかり物が噛めるので、食事が楽しくなり、食べ物がおいしく感じるのは嬉しいメリット。歯並びが悪い人は、きちんと噛まずに飲み込むクセがあるので、矯正治療を受けることでこれらのクセや胃腸への負担も軽減できます。

コンプレックスが解消するから、自分に自信が持てる!

矯正の一番の醍醐味とも言えるのが、見た目が美しくなることですね。受け口、しゃくれ、出っ歯、歯のすき間などのコンプレックスも、全てスッキリ解消できます。自分の笑顔に自信が持てるので、矯正をしてから性格が明るくなったという人も多いもの。

歯並びが悪い人は、幼い頃から口元を隠して笑うクセがあったり、どこか自分に自信がなく、無意識に背中が丸まっている人などが多いそうです。心当たりがある方は、一度、矯正歯科で話しを聞いてみるのも良いかもしれません。