HOME » 歯列矯正のよくある質問 » 費用はどのくらいかかる?

費用はどのくらいかかる?

葉の矯正にかかる費用目安を紹介しています。

歯の矯正の費用目安は?

歯の矯正治療で必要となる費用の目安を「治療前」「治療中」「治療後」の3段階に分けて紹介します。また費用の支払方法(分割、クレジットカードの可否)、医療控除の話題についても触れます。

歯列矯正の治療は健康保険が適用されない自由診療です。使用している装置の費用こそ大きな違いはありませんが、クリニックごとに細々とした費用の設定が異なります。

ですのでここで挙げるのはあくまでも費用の目安。クリニック選びの際に、治療にかかる総額や医院の方針についても確認しましょう。

【治療前】

  • 初診・相談料:無料~5,000円程度
    歯並びに関する相談や、可能な治療方法、装置の選び方などについて説明を受けられます。
  • 精密検査料:25,000円~60,000円程度
    顎のレントゲンや口の中、顔の輪郭の写真撮影、フィットする矯正装置を作るために歯型を採取します。
  • 診断料:10,000円~40,000円程度
    治療にかかる費用や期間、治療方針計画(費用・期間、治療方針)の説明

【治療中】

  • 表側装置の場合:600,000円~1,000,000円程度
    目立たない装置であればあるほど高額になります。
  • 裏側装置の場合:1,000,000円~1,500,000円程度
    表側矯正に比べて難易度が高く、時間も必要なため高額になる傾向があります。
  • マウスピース矯正の場合:300,000円~1,100,000円程度
    メーカーによって費用が大きく異なり、特にインビザラインは高額になるようです。
  • 処置料・調整料:1,000円~10,000円程度/1回
    矯正装置の調整や口の中の経過観察を受けます。場合によっては装置を取り替えます。

【治療後】

  • 保定装置料:10,000円~60,000円程度
    矯正装置を外した後、歯の元戻りを防ぐための保定装置を作ります。
    ※装置・基本料金に含まれる場合もあり
  • 定期検診・メインテナンス料 :2,000円~8,000円程度
    保定装置の調整や経過観察など、年に数回通院します。
    ※保定装置料に含まれる場合もあり

費用の支払い方法は?

歯科矯正治療の料金体系は、大きく分けて「定額制」と「調整料追加型」の2つ。定額制の場合は1回あたりの支払い額が大きくなりますが、途中で治療方針が変わっても増額されないケースが多々あります。一方、調整料追加型は1回ごとの支払い額は少ないケースが多いものの、トータルで見ると高額になることもあります。

また、支払方法もさまざま設定されているので、お財布に無理のない治療が受けられるクリニックを選びましょう。

以下は一般的な矯正治療費の支払方法です。

  • クレジットカード支払い
    多くのクリニックが対応していますが、対応できるクレジットカードが異なることも。お持ちのカードが使えるクリニックかどうか、事前に確認しておきましょう。
  • デンタルローン支払い
    クリニックと提携している信販会社のローンを利用する方法です。クリニックや信販会社によって金利や手数料が異なります。
  • 院内分割支払い
    クリニックと直接、治療費の分割契約をします。クリニックごとに規定がありますが、こちらの都合に合わせてくれる場合がほとんどなので、費用について不安がある場合は相談してみましょう。

歯科矯正で医療費控除が受けられる?

高額な医療費を支払った場合、申請すれば所得税や住民税の還付が受けられる医療費控除制度。歯科矯正でも利用できるケースがあることをご存知ですか?

あくまでも健康上の問題による治療であると、担当医師が判断した場合に限りますので、利用できるかどうか、クリニックに確認してみましょう。