HOME » 歯列矯正のよくある質問

歯列矯正のよくある質問

歯科矯正に関して多くの人が浮かべる疑問について応えています。

多くの人が抱える歯科矯正に関する疑問を解決!

一般歯科と違い、限られた人がある特定の時期だけ通う矯正歯科。色々と分からないことも多いと思います。そこで、多くの人が疑問に思う「歯科矯正のメリット」「必要な費用」「大まかな治療期間」について簡単にまとめています。

歯並びが悪いとどうなる?

顔の輪郭や噛み合わせに影響する歯並び。たとえ1本でも生える位置や噛み合わされる位置がズレてしまうと、見た目や健康に大きな影響が出ます。

例えば、歯が重なり合うことで歯ブラシが当たりにくくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、噛み合わせが悪いと食べ物を細かくできず、胃腸への負担が増します。

さらに、滑舌が悪くなったり、症状が重い場合には顎の形が変わったりして、心身共に健康とは言い辛くなります。

矯正治療を受ければ、時間はかかりますが、これらの問題をクリアできます。

さらに詳しく矯正治療のメリットを紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。

費用はどのくらいかかる?

虫歯の治療とは違い、歯科矯正は健康保険の適用外。ですので、費用がすべて自己負担となります。

当然、治療方法や使用する装置によって費用が異なりますし、治療の進み具合によっても1回あたりの支払い額は異なります。

どんな治療法を選ぶと、どの段階でどのくらいの治療費が必要なのか、その目安を詳しく紹介していますので、こちらでご確認ください。

治療期間はどのくらい?

体への負担がないように、少しずつ歯を動かす矯正治療。治療開始から完了まで、短くても年単位の時間が必要です。

多くの人は、矯正装置を着けてから外すまでの時間を気にしますが、実は大切なのは装置が外れてから。この期間を疎かにすると、せっかく動かした歯が元に戻ってしまいます。だからどのクリニックも装置が外れた後の期間も、治療期間として表記するのです。

こちらでは矯正治療に時間がかかる理由や、治療の進め方を詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

矯正歯科の選び方はどうすればいいの?

矯正歯科を選ぶためには、正しい矯正治療の知識を持つ「日本矯正歯科学会」の認定医であるかどうかを重視する必要があります。認定医のさらに上位の資格である専門医や指導医を探す方法も一つの方法となります。

また、院内に口腔内の精密検査を行うためのセファロレントゲンもしくはCTを設置しているかについても確認しておくと良いでしょう。歯の裏側に矯正を行う場合は、日本舌側歯科学会や世界舌側歯科学会からの認定を受けている先生をあたると安心です。

それらを踏まえたうえで、「治療期間を短くしたい」というような患者のリクエストを聞いてくれるかどうかを見極め、治療にかかるトータルコストを算出してくれる病院を選ぶようにすると安心です。

さらに詳しく矯正歯科の選び方を紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。

矯正のメリット・デメリットを知りたい!

矯正治療は、歯並びがきれいに揃うことによって見た目が良くなり、審美性が向上することが主なメリットとして挙げられます。他にも、食べものが咬みやすくなったり、歯に挟まるといったトラブルが減る、子供のアゴの発達に良い影響が出る、歯と歯茎のケアがしやすくなるといったメリットもあります。

また、咬み合わせが悪いと頭痛や顎関節のトラブルなどが出る場合がありますが、矯正治療によってそのような症状が改善されることもあります。

デメリットとしては、費用と時間がかかること、医師の手腕に左右されたり、口腔内の状態によっては未熟な医師では処置しきれない可能性もあります。また、矯正器具による見た目の問題もありますが、こちらは目立たない器具を使うことによって対処できます。

さらに詳しく矯正治療のメリット・デメリットを紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。