HOME » 渋谷区で探す!矯正歯科の名医の条件 » 認定医・専門医・指導医の資格

認定医・専門医・指導医の資格

日本矯正歯科学会が認定している資格、認定医、専門医、指導医についてわかりやすく解説します。

認定医・専門医・指導医の資格を認定している日本矯正歯科学会とは?

日本矯正歯科学会は1926年に設立された日本を代表する矯正歯科の学会です。日本各地の矯正歯科医を中心に、6,400名を越える会員で構成されており、高い知識と技術があることが認められた医師には、同学会の認定資格が与えられています。

認定医、専門医、指導医の違いは?

上記の資格は日本矯正歯科学会からの厳しい評価基準をクリアした医師に対して認定される資格です。

認定医

  • 日本矯正歯科学会に5年以上所属している
  • 学会が認めた大学の附属病院、矯正歯科医療機関などで5年以上の経験を積んでいる
  • 学術誌に論文を発表している
  • 認定審査に合格している

上記の条件を満たした者にのみ、「認定医」の資格が与えられます。なお、更新は5年ごとに行われますが、更新試験に合格しないと更新されません。全国で約3,000人が認定されています。

専門医

  • 認定医資格を取得後、2回以上、更新試験に合格している
  • 矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があること

以上の条件が認定に必要となります。専門医資格は認定医の中でも特に治療技術に優れていることを証明するものです。

指導医

指導医は歯科矯正の学問、治療技術を研修医に指導することができる「矯正治療を教えられるプロ」の認定資格です。

  • 12年以上の矯正治療経験がある
  • 認定医取得後、大学病院で3年間、指導者として教育歴がある

以上の条件をクリアしなければ取得できない資格です。全国に90,000人いるという歯科医師の中でわずか600人程度しか認定されていません。

矯正歯科を選ぶ際は、信頼できる歯科医院か、安心して矯正治療を受けられる歯科医選びの基準として、上記の資格をもつ先生がいる医院かどうか、どの資格を持っているか、専門医や認定医はどこの団体かなども確認してみるとよいでしょう。