HOME » 渋谷区で探す!矯正歯科の名医の条件 » 認定医・専門医・指導医の資格

認定医・専門医・指導医の資格

日本矯正歯科学会が認定している資格、認定医、専門医、指導医についてわかりやすく解説します。

認定医・専門医・指導医の資格を認定している日本矯正歯科学会とは?

「日本矯正歯科学会」は、1926年に設立された、日本を代表する矯正歯科治療専門の学会です。

日本全国の矯正歯科医を中心とし、6,400名を越える会員によって構成されており、矯正治療における知識と技術を一定の水準に保つ役割を担っており、矯正治療分野において日本最大の会員数を誇る、もっとも歴史のある学術機関とされています。

資格があると認められた医師には、同学会の認定資格である「認定医」「専門医」の資格が与えられ、そこからさらに上位にステップアップすると「指導医」の資格が与えられます。

専門知識をもたない歯科医が矯正治療を行うことによってトラブルを引き起こすケースも多くみられることから、本学会では他の学術機関に比べもっとも難易度の高い試験を課しています。

認定医、専門医、指導医の違いは?

上記の資格は日本矯正歯科学会からの厳しい評価基準をクリアした医師に対して認定される資格です。

認定医

「認定医」とは、大学などの矯正歯科を専門とする研修機関で5年以上の実績を積み、その後日本矯正歯科学会が主催する専門の検定審査に合格した人のみが取得することができます。

  • 日本矯正歯科学会に5年以上所属している
  • 学会が認めた大学の附属病院、矯正歯科医療機関などで5年以上の経験を積んでいる
  • 学術誌に論文を発表している
  • 認定審査に合格している

以上の条件が指導医の資格取得に必要となります。

日本矯正歯科学会に5年以上在籍していることはもちろん、5年を機に更新試験を行い、技術が積み重ねられているかをチェックされます。

上記の条件を満たしつつ、更新試験にも合格しなければならないという、非常に厳しい資格となります。

日本矯正歯科学会の認定医は全国で約3,000人程であり、非常に専門性の高い資格であることが分かります。

専門医

「専門医」とは、日本矯正歯科学会に5年以上在籍する「認定医」であり、なおかつその後も更新試験に合格し、すぐれた専門性を持つ歯科医師のことです。

日本矯正歯科学会に所属する会員約6,000人のうち、その半数にあたる約3,000人が認定医の資格を取得しています。しかし専門医の取得者は、全体のわずか5%である300人となっています。

  • 認定医資格を取得後、2回以上、更新試験に合格している
  • 矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があること

以上の条件が専門医の資格取得に必要となります。

日本矯正歯科学会では、専門医は認定医や専門医をめざす歯科医師の「模範」となるよう求められ、さらに専門医の育成や臨床研修をサポートできる者のみに資格が与えられます。

5年ごとに行われる更新試験に2回合格しなければならないということで、必然的に10年の実績を持っていなくてはなりません。

さらに、臨床に関する論文の執筆や学会発表などを行うことから、専門医資格は認定医の中でもとりわけ優れた技術を持っていることを証明する資格と考えられます。

指導医

「指導医」は、歯科矯正治療における学問・治療の技術を指導することができる「矯正治療のプロ」の資格です。

  • 12年以上の矯正治療経験がある
  • 認定医取得後、大学病院で3年間、指導者として教育歴がある

以上の条件が指導医の資格取得に必要となります。

専門医を上回る12年以上の矯正治療実績があり、なおかつ「認定医」として資格を取得していること、さらに大学病院での教授歴が3年以上必須ということで、医師としての技術や手腕に加え、指導者としての実績も求められます。

日本全国における90,000人の歯科医師の中でも、わずか600人ほどしか認定されていないという、きわめて専門性の高い資格となっています。

矯正歯科を選ぶ際は、身近にあって信頼できる歯科医院かどうかということももちろん大切ではありますが、専門性を備えているかという点にも注意したいところです。

矯正治療を専門とする日本矯正歯科学会による認定を受けている医師は、矯正治療への理解や知識、共通理念を持って安全に矯正治療を行っており、患者さんの立場や口腔内の状況も客観的に判断するスキルを備えています。

安心して治療を受けるためにも、歯科医院選びの基準として、上記の資格を持つ先生がいるかどうか、そしてどの資格を保有しているかを確認してみると良いでしょう。