痛みへの配慮

多くの人が心配する歯科矯正の治療で感じる痛みとそれへの配慮をしてくれるクリニックの重要性について解説しています。

痛みに悩まずに治療を受けるために…

歯科矯正をしたいのに迷う理由の多くは「矯正装置が目立つ」ことや「歯が動くときの痛み」に拒否感を持っていることでしょう。

確かに「歯科矯正は痛い」という話はよく聞きますが、痛みを感じるレベルは個人差がありますので、口コミやイメージだけで「痛い」と決めつけてしまうのは勿体ない話です。

ですが、治療を受ける心構えとして、どんな時に痛みを感じやすいのかは知っておきたいもの。そこで、歯科矯正の治療を受ける時に、多くの人が痛みや違和感を感じるシーンをピックアップしています。

矯正治療中の多くの人が痛みや違和感を感じるシーンとは?

  • 矯正装置を着ける時
    当然の話ですが、これまで何の装置も着いていなかったところに、歯を動かす「器具」を着けるわけですから、違和感を感じて当然。また、経験の浅い医師が担当になると、装置を着けるのに時間がかかり、長時間、顎を開けることで顎が痛くなることも。
    経験豊富な医師が担当してくれるクリニックを選べば、スムーズに装着できるので、こういった心配は小さくなります。
  • 歯が動く時
    矯正装置は歯を動かすためのもの。でも、歯は骨の中に根っこが埋まっているのでそう簡単には動かせません。早い人は装置を着けてから1週間程度で、多くの人は1ヶ月以内に「動いている」ことを実感します。
    そして、痛みに敏感な人であれば、歯が動く時に痛みを感じることがあるようです。
  • 食べ物を噛む時
    「歯が動く時」とほぼ同時期に感じる人が多いようです。力を加えているところに食べ物を細かくする「作業」が合わされば、大きな力が歯にかかるため痛みとして感じる人が多いのです。痛みのピーク時にはご飯粒さえ噛めないとも言われますが、この痛みは一過性のもの。
    時間が経つにつれて痛みは和らいでいき、違和感すらも小さくなっていきます。
  • 装置に唇や舌が当たる時
    矯正装置の種類にもよりますが、多かれ少なかれ装置に唇や舌は当たるもの。接触している部分に外から力が加わると、歯茎や頬の口内炎を引き起こしてしまいます。
  • 頬を噛んでしまった時
    歯科矯正の治療を進めると、だんだんと歯が動いてきます。そうすると元々、物を噛んでいた場所から移動してしまうので、噛み合わせが安定しないうちは、誤って頬の内側を噛んでしまうことがよく起こります。

このように矯正治療を受けると何かしらの痛みや違和感があるものです。しかし、最近では多くのクリニックで、できる限り口の中を痛めない装置や痛み止めの処方など、痛みを少しでも和らげる対策を取っています。

例えば、リップガードやワックスと呼ばれる、ケガや炎症を予防するもの、形状記憶ワイヤーやセルフライゲーションシステムといった痛みが出にくい矯正装置。また、レーザーや高周波治療、鎮痛剤の処方など、その対策は実にさまざま。

クリニックによって痛みに対しての対応は異なりますので、痛みに弱い方や気になる方は、充分な配慮がされているクリニックを選ぶようにしましょう。