虫歯への配慮

歯科矯正の名医と呼ばれる条件のひとつ、虫歯への配慮について説明しています。

虫歯になるのはなぜ?

歯の矯正治療中、気を付けなければいけない大きなトラブルは、虫歯と歯周病です。この2つは矯正治療を始める前に、治療しておくことが大前提。虫歯や歯周病の状態がひどいと、矯正の装置を着けることで、さらに状態を悪化させてしまうからです。

矯正治療を受けようと考える人の多くは、どこかで歯が重なっていたり、必要以上の力が歯にかかっているもの。そうすると、重なっている部分は当然、歯ブラシが届きにくいですし、必要以上の力がかかる部分は歯に細かい傷が付いて虫歯の原因となるのです。

また、治療を始める前は何ともなくても、装置を着けたことで日々のケアが十分にできず、虫歯や歯周病の一歩手前まで症状が進んでしまうこともあります。

矯正治療を受けている間、少しずつとはいえ歯が動きますので、今まで噛み合わされなかった部分に歯が当たったり、装置が着いているために歯磨きがしにくかったりします。ですので、治療前よりもっと口の中のケアに気を配る必要があります。

矯正治療中に虫歯になってしまった場合、症状が軽ければ同時進行も考えられますが、だいたいは治療を一旦止めて、虫歯を感知させなければいけません。そうすると本来よりも治療期間が長引いてしまいますので、矯正治療を考えている人は口の中のケアには十分すぎるくらい注意しましょう。

歯科矯正治療中の虫歯予防とは?

矯正歯科ではそれぞれ、虫歯予防の対策を取っています。代表的なものをピックアップしました。

  • ブラッシング指導(歯磨き指導)
    歯垢のチェックをしたり、効果的なブラッシング方法をアドバイスしてもらったりすると、自宅でも的確なセルフケアができるようになります。
  • 矯正装置や接着剤を工夫
    歯と矯正装置との間をしっかり密封できる接着剤を使用し、食べ物のカスなど、汚れが矯正装置と歯の隙間に入りにくくします。
  • 衛生士による歯のクリーニング
    PMTCと呼ばれる、歯科衛生士が行う専門的なクリーニングのことです。通常の歯磨きでは除去できない細菌が棲みついた膜や歯石なども除去してもらえます。
    処置後にはフッ化合物入りのペーストで歯をコーティングし、歯のエナメル質を強化することで、虫歯や歯周病の予防効果もあります。

このほか、自宅でできるセルフケアに最適なアイテムを紹介してくれるなど、虫歯の予防に大きく注力している歯医者さんにお願いしたいですね。