費用負担への配慮

名医の絶対的条件ではないものの、やはり気になる費用負担。どの部分に注目すれば良いのか、紹介しています。

歯科矯正の費用負担を軽減するために

一般歯科と違い、自由診療なために全額負担となる歯科矯正。出来ることなら費用はおさえたいものですので、その点もクリニック選びのポイントになります。

どのクリニックに行っても、同じメーカーの装置を使っているのであれば、費用自体に大きな差は出ません。ですが、支払方法を選べるクリニックであれば、1回あたりの費用負担が少なく済みます。

できることなら支払方法を選べるうえに、費用負担の少ないクリニックを見つけるためにも、まずは、費用相場を知ることが大切です。

以下に渋谷区内の歯列矯正の費用相場をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

渋谷区内矯正クリニックの費用相場

  • 初診・相談料:無料~5,000円程度
  • 精密検査料:25,000円~60,000円程度
  • 診断料:10,000円~40,000円程度
  • 装置・基本料金
    表側装置 600,000円~1,000,000円程度
    裏側装置 1,000,000円~1,500,000円程度
  • 処置料・調整料 :1,000円~10,000円程度/1回
  • 保定装置料:10,000円~60,000円程度
    ※装置・基本料金に含まれる場合もあり
  • 定期検診・メインテナンス料/2,000円~8,000円程度
    ※保定装置料に含まれる場合もあり

上記相場額の最も安いケースで考えても、700,000円近い金額になります。だからこそ、費用負担に配慮してくれるクリニックを選ぶべきなのです。

矯正治療の費用支払方法

矯正治療の支払い方法は、大きく分けて2通り、「処置別支払い制」と「総額制」というタイプがあります。

処置別支払い制は、通院するごとに支払いが必要なタイプです。上記の内訳で紹介したような、治療項目ごとに料金が設定されており、通院期間中に生じる矯正装置を調整する処置料などを、その都度支払います。

総額制は定額制やトータルフィー制とも呼ばれ、通院の回数に関係なく、治療をすると決めた時点で、矯正治療が終わるまでにかかる総費用が提示されます。提示される費用には、矯正装置の代金をはじめ、通院時の処置料や調整料、矯正装置が外れた後の保定装置代金など、治療に必要なお金がすべて含まれています。

ここでおすすめしたいのは「総額制」を採用しているクリニックです。総額で治療費を最初に教えてもらえるので、支出を把握しやすいですし、治療期間が予定より長引いてしまうことになっても、追加料金は発生しないので安心して通院できます。

決して安くない治療費が必要な歯科矯正だからこそ、費用面の負担を軽減してくれるクリニックを選ぶことが重要なのです。