HOME » 渋谷区で探す!矯正歯科の名医の条件 » 治療の選択肢が豊富

治療の選択肢が豊富

矯正歯科の名医の条件として、治療の選択肢が豊富な先生かどうかを確認することの大切さを解説します。

治療方法の選択肢を広げるススメ

現在、多くの矯正歯科で受けられる治療方法として、以下の物が挙げられます。

  • ワイヤー矯正
    矯正治療の中でも最も一般的な治療方法で、歯の表面に装置(ブラケット)をつけ、ワイヤーで牽引することで歯を動かします。
    以前は金属製の装置が主流でしたが、最近では審美性を意識してプラスチック(透明)やセラミック(白色)のものなども出てきました。金属製のものに比べて高価になりますが、見た目を意識する人はワイヤーも目立ちにくいものを選べます。
  • 裏側(舌側)矯正
    歯の裏側に装置を装着して矯正する治療方法です。ワイヤー矯正と同じく、牽引することで歯を動かします。
    費用はワイヤー矯正に比べて高くなりますが、モデルやキャビンアテンダントなど、常に人前で笑顔になる人からの需要が高い治療法です。
  • マウスピース矯正
    歯型に合わせてマウスピースをつくり、それを歯に被せて数週間ごとに型を取り換え、歯並びを矯正していく方法です。
    比較的軽度の矯正治療であり、あまりに大きく歯がズレている場合は対応が難しくなります。
  • 部分矯正
    前歯やごく一部の歯だけを動かす矯正方法です。
    気になる部分だけを治せるので比較的安価で治療できますが、総合的な噛み合わせを考慮する必要があります。
  • インプラント矯正
    歯茎に小さなインプラントを埋め込んで歯を動かす固定点をつくる治療方法です。
    複雑な装置を使わずに済むため、虫歯のリスクを減らせますが、埋め込んだインプラントが抜け落ちたり折れたりすることがあります。
  • セラミック矯正
    歯の表面にセラミック製の人工歯を貼り付けたり、歯を削った部分にセラミック製のクラウンを被せたりすることで、見た目を整える矯正方法です。
    歯を動かすのではなく被せものをするだけなので、根本的な解決とは言えません。

口の中や歯の状態によって、対応できる治療法が変わってきますが、基本的にはライフスタイルや希望に合った治療方法を選べます。しかし、医師が得意・不得意な治療法があり、希望の方法に対応していない場合もあるので、幅広い治療に対応してくれるクリニックを選びたいものです。

所属医師や院長が豊富な治療経験を持っていれば、クリニックの公式ホームページで症例が掲載されているところもありますし、実際にカウンセリングを受けた際にいろいろと教えてくれることでしょう。また、日本矯正歯科学会の認定医や指導医、専門医の資格を持っている医師であれば、実績・知識は十分あることの証明にもなります。

最近では治療方法も多様化され、装置の種類も増えました。素人が説明を受けただけでは決められずに迷ってしまいそうですが、どの治療法にもそれぞれメリットとデメリットを併せ持っていますので、担当の医師と相談しながら最適な治療方法を選びましょう。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

もっともスタンダードなワイヤー矯正は、ブラケット矯正とも呼ばれる方法です。

メリットとしては、歯並びを全体的に改善できるほか、歯の一本ごとをミリ単位で矯正することができます。症例数も豊富で、自分の歯並びに合わせて調整を行うことができます。

デメリットとしては、見た目がどうしても悪くなってしまうこと、金属製のブラケットが目立つので、周りから矯正中であることが分かってしまうといった点があります。

ワイヤーやブラケットなどの矯正器具の間に食べものが挟まったり、そこから虫歯になりやすくなるという点にも注意が必要です。

裏側(舌側)矯正のメリット・デメリット

裏側矯正は、ブラケットとワイヤーをそれぞれ歯の裏側に装着する方法です。

メリットとしては、舌側(裏側)に装着をするので、矯正中であることが分かりにくく、見た目が気にならないといった点が挙げられます。

裏側に治療を行うもので、治療の中身は通常のワイヤー矯正とほぼ変わりがないため、ワイヤー矯正と同じく歯の一つ一つをミリ単位で整えていくことも可能です。

デメリットとしては、歯の裏側という難しい部分に装着するため、医師の技術によって差がつきやすいといった問題があります。また、費用が割高になったり、装着時に違和感を感じるといった問題もあります。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正は、専用のマウスピースを使った歯の矯正治療方法です。歯列が前後しているような、比較的軽度な矯正に使用される方法です。

メリットとしては、専用のマウスピースを使うので自分の口の形に合ったものを使うことができます。また取り外しが自由なので、口腔内のケアがしやすく、虫歯や歯周病予防のケアもできます。

デメリットとしては、マウスピースを装着したまま人前に出てしまうこと、マウスピースそのものが目立つといった点が挙げられます。また、一日の装着時間を守って定期的に交換をしなければ、治療期間が長引くおそれもあります。

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正は前歯など、人目につきやすい部分の歯並びを直す際に使用される方法です。奥歯の噛み合わせを直す必要がない場合に用いられます。

メリットとしては、専用のセラミッククラウンをかぶせるので歯の移動距離が短くなり、そのぶん治療期間が短くなります。(3ヶ月から1年程度)

また、部分的な矯正治療であるため、必要な歯だけを矯正治療にあてることができるので、費用も高額にならずに済みます。

デメリットとしては、奥歯の噛み合わせの治療ができないこと、クラウンをかぶせるために健康な歯を削らなければならないといった問題があります。

インプラント矯正のメリット・デメリット

インプラント矯正は、歯の奥にある骨(歯骨)にインプラント器具を埋め込んで、そこからワイヤー矯正を行うという方法です。

メリットとしては、自身に備わっている骨を固定源として使うため、しっかりと固定された状態で矯正治療ができるということです。通常のワイヤー矯正よりもさらに高い治療効果が得られるほか、治療期間の短縮にもつながります。

デメリットとしては、インプラントを埋設する手術が必要になるため、治療費が高額になる傾向にあります。また、インプラント手術とワイヤー矯正の両方の技術を持つ医師の数が限られているといった問題もあります。

セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック矯正は、歯の表面にかぶせものを装着したり、クラウンをかぶせるなどして矯正をする方法です。見た目がとても自然であり、矯正中であることが分かりづらくなっています。

メリットとしては、他の矯正治療に比べて審美性が高いこと、さらに部分的な噛み合わせ治療に向いているといったことが挙げられます。部分的な矯正なので、治療期間も短期間で済みます。

デメリットとしては、かぶせものやクラウンを装着するために歯を削るといった処置が必要となります。また、全体的な噛み合わせを改善することができないため、あくまでも部分的な矯正治療となります。